持ち家を賃貸する|賃貸管理会社を利用する|マンション経営のノウハウ

賃貸管理会社を利用する|マンション経営のノウハウ

女の人

持ち家を賃貸する

空き部屋

何らかの理由で持ち家を長期間空けなければならない時には、空き家管理が必要になります。空き家管理は業者に任せることが可能ですが、持ち家を空ける期間が長くなるほど空き家管理で発生する経済的負担は大きなものとなってしまうでしょう。もし、経済的負担を掛けずに持ち家の状態を維持したいと考えているのであれば、リロケーションの利用をお勧めします。リロケーションというのは、持ち家を留守にしている間だけ賃貸するといったサービスです。この方法であれば、賃料によって収益を得ながら持ち家の状態を維持することができるでしょう。

リロケーションに近い方法として、不動産会社に仲介を依頼して借主を探すといった方法が挙げられます。表面的にはリロケーションとやることは変わりありませんが、この賃貸方法とリロケーションでは賃貸契約の内容が異なってくるのです。不動産会社に仲介を依頼する場合、借主は契約更新を行なうことができます。つまり、貸主が持ち家に戻りたいと考えても、借主が契約を更新してしまうと持ち家に戻ることができなくなるのです。リロケーションであれば、そういったトラブルが発生する心配がありません。この方法には契約更新自体がなく、仮に借主が居座ってしまった場合にも違約金を取ることができるのです。そのため、必要な期間だけ賃貸して問題なく持ち家に戻ることができます。もし、この方法に興味があるのでれば、リロケーション会社に質問してみると良いでしょう。