家賃を保証する|賃貸管理会社を利用する|マンション経営のノウハウ

賃貸管理会社を利用する|マンション経営のノウハウ

女の人

家賃を保証する

男性

マンションを経営するにあたって、対応を考えおくべきリスクがあります。それは、入居者による家賃滞納リスクです。もし、家賃滞納リスクを回避したいと考えているのであれば、賃貸保証会社を利用することをお勧めします。賃貸保証会社というのは、借主の連帯保証人の代わりとなり、借主が家賃を滞納した際に滞納分の家賃を支払ってくれる会社です。

連帯保証人というのは本来、借主の親族がなるものでしょう。しかし、最近では連帯保証人になることを親族に断られてしまうというケースが多くなりました。また、親族が連帯保証人になったとしても、借主が家賃を滞納した際に滞納分の家賃を確実に支払ってもらえる訳ではありません。大抵の場合、トラブルになってしまうでしょう。そういった時、賃貸保証会社を利用することによって、借主は親族の連帯保証人を立てずに賃貸契約を結ぶことができ、貸主も確実に家賃を回収することができるようになるのです。ただし、借主は賃貸保証会社に立て替えてもらった分の料金をしっかりと返済しなければなりません。返済ができなければ、借りている部屋から早期に退去することになってしまうでしょう。ここまでの説明で分かるように、賃貸保証会社は借主よりも貸主を守る傾向が強い保証サービスを提供しています。マンション経営を円滑なものにするためにも、賃貸保証会社の利用を検討してみることをお勧めします。ただ、そういった会社の中には質の悪い会社も存在しますので、利用する際には安心して利用できる会社を選ぶようにしましょう。